HOME作業主任者技能講習等>特定化学物質及び四アルキル鉛等

特定化学物質及び四アルキル鉛等

宮城労働局長登録教習機関(第17-234号)|東京労働局長登録教習機関(衛46号)|福島労働局長登録教習機関(第170号)

 労働安全衛生法第14条、同施行令第6条、特定化学物質等障害予防規則第27条、四アルキル鉛中毒予防規則第14条により特定化学物質及び四アルキル鉛等の製造・取扱い業務については特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習を修了した者のうちからそれぞれの作業主任者を選任しなければなりません。

 当センターでは宮城労働局長の登録教習機関として、標記技能講習を下記要領で開催します。修了試験合格者には修了証を発行いたします。この機会に多数の方が受講の上、資格を取得されますようご案内申し上げます。

(1,特定化学物質等作業主任者と四アルキル鉛等作業主任者は統合されました。2,石綿作業については別に定める石綿作業主任者技能講習を受講して下さい。1,2とも平成18年4月1日から施行)

※病院関係者等の方へ 病院内で使用する酸化エチレンガス滅菌装置やホルマリンについては、法令により特定化学物質作業主任者を配置することとされています。酸化エチレンガス(エチレンオキシド)は特定第2類物質・特別管理物質に該当し、発ガン性の物質です。また、ホルマリンについても、従来は特定第3類物質であったものが、平成20年3月1日より特定第2類物質となり、規制が厳しくなっています。

スケジュールはこちら

このページ上部へ