HOME衛生管理者講習会>第二種衛生管理者講習会

第二種衛生管理者とは

  労働安全衛生法により、業種を問わず50名以上の従業員(パート、アルバイト、派遣社員含む)を使用する事業場では、衛生管理者を選任しなくてはなりません。また500名を超えると3名以上の衛生管理者が必要となります。いずれの場合でも労基署への報告が義務づけられています。

>  第二種衛生管理者免許を有する者は、有害業務と関連のうすい情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。

>>詳しくは、衛生管理者とはをご覧下さい。

講習風景

スケジュールはこちら

このページ上部へ