HOME衛生管理者講習会>衛生管理者とは

衛生管理者とは

Q.1  衛生管理者とは?

労働安全衛生法第12条では、労働者を常時50人以上雇用する会社、工場等の事業場では、業種を問わず、衛生管理者の専任を義務付けています(選任なき場合は50万円以下の罰金)。衛生管理者は、健康障害による労働災害を防止し、快適な職場環境をつくる重要な役割を担っています。具体的には、

  1. 労働者の危険または健康障害を防止するための措置に関すること
  2. 労働者の安全または衛生のための教育の実施に関すること
  3. 健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関すること
  4. 労働災害の原因の調査及び再発防止に関すること 等

です。

職場における過労やストレスが引き金となっておこる過労死や過労自殺が増加している昨今、衛生管理者の配置を含めた、事業場における衛生管理の見直し、検討が早急に行われる必要があります。

Q.2  衛生管理者になるためには?

衛生管理者は、医師や歯科医師以外は国家試験を受験し、合格した人でなければなりません。受験資格は、高卒後3年以上、大学卒後1年以上労働衛生の実務経験が必要とされています。労働衛生の実務とは、健康診断に関することや労働衛生統計の作成等の業務などがあります。衛生管理者資格には第1種と第2種の2つがあり、製造業等は第1種の資格者となっています。ちなみに第1種の合格率は平均40%台、第2種は50%台となっています。

《参考法令規則》

労働安全衛生法 第12条 (衛生管理者)
労働安全衛生法施行令 第4条 (衛生管理者を選任すべき事業場)
労働安全衛生規則 第7条 (衛生管理者の選任)
労働安全衛生規則 第10条 (衛生管理者の資格)
労働安全衛生規則 第11条 (衛生管理者の定期巡視及び権限の付与)

お気軽にお問合わせください

〒980-0011  宮城県仙台市青葉区上杉3丁目3番21号  上杉NSビル4階  安全教育センター

フリーダイヤル : 0120-031-404  FAX : 0120-457-140
メールアドレス :
     メールでのお問合わせ

このページ上部へ